プロフィール

御手洗総司椿麻呂

Author:御手洗総司椿麻呂
最近サボり気味です、すみませんw
趣味全般でマイペースにいくざます

 
クリック募金
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
FC2カウンター
 
ブログで知り合ったT×2さん
mixiでマイミクのSOWさん

双方のブログにてとりあけられていたので自分も一筆

「善悪はそれを用いる者の心の中にあり」
科学者のよく使う詭弁だそうですが

あえて私、今回は科学者の詭弁を用いらせていただきます。

マンガ、アニメをはじめ小説、映画等々
世に出てから規制対象に挙げられるものも多いよですが。

よくよく考えてみましょうよ。
一冊の漫画が、小説が、一作のアニメが、映画が。
たった一人でできるものだとお思いですか?

そこには作者がいて、マンガであればアシスタントがいて。
プロといわれる作家、漫画家がどういった表現、単語が禁じられているか、規制されるかぐらい判らないと思っているのか?

さらにその後は編集者、編集部を通してさらにその他多くの工程を通して、厳しい審査を通して本になる。
一般の読者たる「客」の手に入るまでには少なくとも「自由な表現」を損なわない「規制」は行われているはずだ。

映画、ゲーム、などの販売などにはジャンルとして大人向けのものもある。
でもそこには「18禁」「この作品には暴力的なシーンが~」とうの注意書きも今は常識

個人的に観たくない、親子で考慮して見せたくないなら手に取らなければいいだけの配慮はなされているはずだ。

少々脱線したかな。

とにかく売る側、見せる側だって馬鹿じゃない。
自分たちで規制すべきところは規制しているはずだ。

それを一部のお偉いさんが気に入らないからと言って規制強化ですか。

そんなことしてたら日本の文化は衰退するよ。

それに規制し、禁止しすぎると逆に欲してしまうものでないの、人の心理として。

「われわれの自由とは、今日、自由になるために戦う自由な選択以外のなにものでもない。」
サルトル
2010/03/18(木) 01:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

■ ブログ名:諸魚無常(誤字にあらず) IN FC2

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:なず屋 Ver.3
 
ブログ内検索