プロフィール

御手洗総司椿麻呂

Author:御手洗総司椿麻呂
最近サボり気味です、すみませんw
趣味全般でマイペースにいくざます

 
クリック募金
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
FC2カウンター
 
以前、吉祥寺から大泉学園に行くバスに乗っていたときの事。
大泉学園の一つ手前のバス停の近くに酒屋さんがありまして。

バスから見ていたらその酒屋になにやら萌え系の絵が貼ってあった。
そのときは「萌え米」とか扱ってるのかな?とか思っていたんです。
しかし酒屋だしなぁ、とか思っていつか確かめに行こう、と思ってたんです。

で今日、そのことを確かめにその酒屋へ行ってきました。
三又酒店というお店でした。

そこに貼ってあったポスターをみて詳細を知る。
IMG_0144.jpg
IMG_0146.jpg

酔逸撫子(すいーつなでしこ)という「日本酒」を販売していました。

日本酒離れしている若年世代に向けた新しい日本酒の形
というコンセプトの一環としてつくられたものらしいです。

「縮小の一途をたどるアルコール業界に一石を投じたい!そんな気持ちを持った酒販店が集まり、お酒離れしている若者にもっとお酒の良さを知ってもらおうと立ち上げたプロジェクトです。 その第一弾としてニューカルチャーともいえる(萌)と伝統文化の日本酒とのコラボを実現させました。」
neo-S project

種類は
第一弾じゅんまい   ¥2000
第二段ぎんじょー   ¥2600

買って飲んでみた。
とりあえず画的に好みなぎんじょーから

飲みやすいですよ。
普段酒なんか飲まない、飲んでも甘い系に逃げる自分が硝子の冷酒用グラスで3杯(250m程度)いけたんだからいいほうです。

甘すぎず、飲みやすい感じ。
辛口系の喉にカッとくる感じがないのでスッと飲める。
日本酒を飲む取っ掛かりにするにはいいかも。
そういう意味ではコンセプトにあったお酒離れしている若者用の「初めての酒」にはいいのかも知れません。

なにやら第三段も近日公開だそうです。

製造元 茨城県結城市結城144 株式会社武勇
販売元 茨城県結城市結城7056-1 飛夢

自分が買った販売店
〒178-0063
東京都練馬区東大泉6-19-19
三又酒店

米も酒も日本古来のものですし、それを新しい取り組みで若者に浸透させていく。
その手助けになるのが「萌え」ならばもっともっと良い意味で利用していくべきだと思いますね。
2009/08/01(土) 01:05 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

いなりゅ : 遅コメです。

西又焼酎(→http://news.ameba.jp/trend-gyao/2008/10/18713.html)は聞いた事ありましたが、色々あるんですねー。
もはや萌えは全日本人にとって必要不可欠な要素です!(えー

カズ : コメントありがとうですw

西又さんは秋田の方で大活躍ですね。
本当に色々あるんですねぇw

探せばまだまだ色々あるのかも知れません。
ちなみにイラストは貴島煉瓦さんです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

■ ブログ名:諸魚無常(誤字にあらず) IN FC2

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:なず屋 Ver.3
 
ブログ内検索